| home | menu | blog | column | link |

 >> event schedule    
>>過去のイベント情報はこちら
2019年3月2日(土)
ウルフルケイスケ
『MAGICAL CHAIN ひとり CRAVAN 2019 春』
開場19:00 開演20:00 料金 前売3500円 / 当日4000円(+1drinkオーダー)
チケット予約開始:1月28日(月)
★ご存知「ミスタースマイル」の愛称でお馴染みウルフルズのギタリスト、ウルフルケイスケさんがバイユーで初ワンマンを開催します。バイユー店主とは共通の友人知人有りといういう縁。ゲスト出演時の帰り際の「今度はソロで来ます」との言葉が早くも現実になりました。現在はウルフルズでの活動を休止中で、多数アーティストのレコーディングやイベントにも参加。 不思議でステキな出会い=マジカル・チェインをテーマに日本全国津々浦々を弾き巡る日々。そのスタイルは弾き語りからバンドまで多岐にわたり、自由でシンプルなスタンスでご機嫌なロックンロールを展開中!ご予約はお早めに。

2019年3月3日(日)
渦ヨーコ presents『桃夜会』 〜密やかに祭る雛の宵…艶めくオンナ達の夜宴にご一緒なさいませ…〜
開場18:00 開演18:30 料金 2000円(+1drinkオーダー)
出演:尼理愛子(琵琶・歌・語り)/ 蓮沼ラビィ(ギター・歌) / 潤渇(加藤みのり:踊り/渡邉英一:ギター) / 不汁無知ル(渦ヨーコ:歌・サックス/高田盛輔:チェロ)
★不条理をテーマに夜のバーライブ界を賑わすフジルムジルの渦ヨーコの企画による「オンナマツリ」。雛祭りの夜を妖しく賑わしてくれます。とにかく濃厚なこと保証付。

2019年3月6日(水)
小川洋一郎 / ワックス山本和人 / マラキン★ポン
開場19:00 開演20:00 料金 2000円(+1drinkオーダー)
★ソウルフルなロックンロールテイストの弾き語り3人。いずれも長いキャリアを誇る彼らが真冬のバイユーを熱くしてくれるはずです!

2019年3月7日(木)
木下隼/ 湯澤ひかり / 倉谷和宏(旭荘201)/ 中塚詩音
開場19:00 開演19:30 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★さりげないようで胸に刺さるソウルフルな歌声の木下隼。クールな手触りの真摯な歌を聴かせてくれる湯沢ひかり。そしてルーツミュージックの香り豊かなロックバンド旭荘201の倉谷和宏がソロでは初バイユー。地に足のついた歌心が魅力の若きシンガーソングライター中塚詩音は成人後初バイユー!

2019年3月9日(土)
The Kanga / Berry
開場19:00 開演20:00 料金 1000円(+1drinkオーダー)
★三鷹近辺の人気者!ルーツミュージックを時に土臭く、時に爽やかに、そして優しく切なくも歌うロックバンド・カンガと、店主所属の南部風味濃いめのロックンロールバンドBerryの対バンLIVE!

2019年3月13日(水)
宝井一凛&バイユーゲイト Presents
『バイユー演芸会その10』
出演:宝井一凛(講談師)
GUEST LIVE ACT:ロッキン・エノッキー&トネーロ
開場19:00 開演20:00 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★あの田辺一鶴の最後の弟子の一人、宝井一凛さんの講談を中心にミュージシャンも交え、バイユーで演芸会を!と始まったこの企画。本年からは基本、奇数月の第2水曜日開催となります。定期開催初回の今回は初心に還って第一回のゲストロッキン・エノッキーを迎えます。今回はベースのトネーロとのデュオでより賑やかに! ※講談2席とゲストライブという形式でお送りします。

2019年3月14日(木)
三鷹バイユーゲイト チャリティ企画 72
〜東北大震災復興義援金LIVE第39弾〜
『バイユーオープンマイクショウ!』
開場19:00 開演20:00 入場無料 要1drinkオーダー
★バイユーチャリティ企画、今回は2011年より継続中の東北震災遺児への奨学基金への募金イベントとして開催いたします。 これまでと同様に収益の一部と店頭募金分を震災遺児への奨学基金『桃柿育英会』に募金いたします。 あれから8年が経ちました。 時間が過ぎたから過去のこと、なんてのは大きく激しく間違っている!!と声を大にしておきます。いつもの方も初めての方も〜この機会にバイユーのステージに是非
※参加費500円(募金となります)1人1曲〜2曲(回数も同じ)でお願いいたします。
※オープンマイクショウ2017年より「基本」第2木曜日の定期開催となっております。
※募金箱を設置いたします。ご協力いただければ幸いです。

2019年3月16日(土)
The Sundance presents 『Wand'rin Stars vol.3』
出演:The Sundance / frills
開場19:00 開演20:00 料金 2500円(+1drinkオーダー)
★ソウルフルでカッコイイ!ロックデュオ『サンダンス』の自主企画第4弾。毎回しっかりとした企画で楽しませてくれます。良いバンド、良い企画です。以下にバンドサイトからの一部転載を。
★★ The Sundance が敬愛するミュージシャンをゲストに迎えて、不定期に開催しているツーマン・ショウ『 Wand'rin Stars 』4回目となる今回のゲストは frills(フリルズ)!!『 Wand'rin Stars 』としては初めての女性アーティストの登場です♪ frillsとは細萱あゆ子さんのソロ・プロジェクトであり、あゆ子といえばかつてはJERRY LEE PHANTOM、その後はTHE BEACHES、その他にもBananamour、東京ノントロッポなど、様々な音楽シーンの中でいずれもキーボード奏者としてその魅力を放ち続けているミュージシャンです。カッコよさと可愛らしさが絶妙なバランスで同居している frills 、現在は新しいアルバムのレコーディング中とのこと。さらに進化した frills がどんなライブを見せてくれるのか?!楽しみです。

2019年3月20日(水)
月野原農園バンド
開場19:00 開演20:00 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★春間近、所沢からウワサのバンドが再度やってくる!! 【月野原農園バンド〜プロフィール】 2014年にミュージシャン・W.C.カラスのサポートバンドとして、所沢で農業を営む樽谷慎二と「音楽喫茶モジョ」の店主・工藤昭太郎を中心に始動したバンドが発端。 その後、度重なるセッションを経て、2017年に現メンバー(樽谷慎二:Gt,Vo、工藤昭太郎:Gt,Harp、佐藤ぽん太:Vo,Gt、佐藤麻衣:Vo、GB白澤淳:Dr、土屋幸子:Ba、大内英明:SAX)に。 Sly & The Family Stone、Neil Young、James Hendrix、The Beatlesなどのよく知られている楽曲を、ユニークなアレンジで演奏している。なかでも、富山県出身のミュージシャン・ゴキ氏の曲を、破茶滅茶バージョンで演奏している数曲が好評だ。

2019年3月21日(木・祝)
貸切イベントとなっております。

2019年3月23日(土)
〜三鷹でミタカッタカバンド vol.3〜
『春一番!ツーマンショー!』
出演:MITAKATTAKA BAND ゲストバンド:リン・テ伊藤 & THE GETS
開場19:00 開演20:00 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★三鷹近辺在住のレゲエミュージシャンたちが集まり、三鷹周辺で活動をつづける、MITAKA-TTAKA BAND[ミタカッタカバンド]。彼らのHPにはこんな紹介文が載せられているけど、典型的なレゲエバンドというよりはレゲエを母体に様々な音楽性を幅広くスペイシーに煮込んだねっとりファンキーなサンドが魅力的です。 バンド名にミタカを含みながらこれまで三鷹で演奏することがなかった…という彼らが、9月の三鷹初公演を機に季節毎のシリーズ化を決定。今回は少し早めの春公演です。以下にバンドよりメッセージ! ?「三鷹でミタカッタカバンド」vol.3となる今回は、ご近所のギタリスト、リン・テ伊藤氏と彼のバンドをゲストにお招きして、珠玉のRock Steady名曲集をお楽しみいただきます。?

2019年3月24日(日)
Teacher & Soul Expresso / Nostarama
開場19:00 開演20:00 料金 1500円(+1drinkオーダー)
★ブルース&ソウル!噂はかねがね伺っておりました。ティーチャー高橋率いるソウルバンドがバイユー初登場。(テナーサックスはJIVE BLIND BOYSの千足有比古)。以下にバンド自己紹介文を?ソウルミュージックの名曲の数々が、TEACHER(ティーチャー)の歌と解説で「あなた」のことを歌ったことだったとわかります。 そしてアメリカ南部のジュークジョイントの空間が再現される、笑いと愛にあふれたソウルの世界を体験にいらしてください! ? 聴きに来たくなりますねー♪共演はキーボードをフィーチャーしたファンキーソウルなノスタラマ。日曜の夜をソウルミュージックで是非。

2019年3月27日(水)
Hot “Gris-Gris” Cake / The Memphis Bell
開場19:00 開演20:00 料金 2000円(+1drinkオーダー)
★ニューオーリンズ音楽をベースにルーツミュージックをゴッタ煮。ファンキーに聴かせてくれる『ホットグリグリケーキ』たオーソドックスなフレーズやビートを新鮮な感覚で鋭く聴かせてくれる若きブルースロックトリオ『メンフィスベル』の楽しみな組み合わせ。

2019年3月28日(木)
『〜絵金縦遊伝2017高知赤岡公演〜を映像で鑑賞する会』
開場19:00 開演19:30 上映開始20:30(約2時間)
入場無料(1drinkオーダーをお願いします)
★幕末の土佐を舞台に幾多の謎に包まれた絵師金蔵、絵金の生涯を舞台化するという神山てんがい&渦ヨーコの執念と怨念のライフワーク『絵金縦遊伝』。東京での2度の舞台化を経た後、チーム『宵晴レ座(よいばれざ)』として絵金のふるさと高知赤岡へと乗り込んだ2017年11月赤岡弁天座公演から1年と少しが経ちました。 (バイユー近辺の多くの方を巻き込み心配をかけ、応援支援を得て実現、そして成功を納めたとにかく無謀な!大仕事でした。) この度、気にかけていただきながらも様々な事情で高知までは来られなかった方々を中心に「あの日」を体験して頂くべく、某所より入手した本番の映像をこっそり上映する鑑賞会を開こう!ということになりました。 上映する映像は11月25日昼の部、初回の公演です。もちろん実際の熱や素晴らしさを伝えることは難しいかもしれませんがとにかく「観ていただこう」となった次第です。 映像は本公演を細部まで必死に作り上げた『宵晴レ座(よいばれざ)』の製作したものではないため、彼らにとって完璧な素材ではありません。そのため、開演後1時間程主演の神山てんがいによる「言い訳タイム」?という名の「解説」が入り(地元テレビ番組への宣伝の為の出演映像等もこっそり披露♪)その後本編の上映となります。 この機会に皆で赤岡公演を体験しましよう。 高知で観た方も是非に!

2019年3月30日(土)
〜They cal me Moja head リリースツアー2019〜
『つぶれても歩いて帰れる三鷹なら vol.2』
湯川トーベン × ナベジ ツーマン
出演:湯川トーベン / ナベジ
開場19:00 開演20:00 料金 2500円(+1drinkオーダー)
★なんと昨年とまったく同じ日付で同じ組み合わせのライブが実現(曜日は1日ズレた。そりゃそーだ)。これって素晴らしいことです。 トーベンさんとスランキーサイドでも知られるナベジさんのソロアクト。地元ロッカーの組み合わせ。今回も二人のセッションも予定されているはず!楽しみです!!

2019年4月3日(水)
『三鷹桜サミット』
出演:町田謙介(v&g )/ JOJOサワド(v&g)/ PONYBOY野中(v&g)/ 秋山博(b)/ 井上民雄(v&g) / 高山Jack健二郎(v&g&Mandlin)
開場19:00 開演20:00 料金 2000円(+1drinkオーダー)
★2年振りの開催!ありそうでない面々でお送りする春の夜のスペシャルセッション。南国風サウンド桜風味に絶妙のスパイス香る「歌心の夕べ」といった趣きでしょうか!? 興味津々です。 町田謙介さんの宣伝文を?「バイユーゲイトで花見の宴会のようなイベントを。とはいえ一癖も二癖もあるかな〜り個性的なメンバーが集まったので相当コアで面白いライブになること間違いなし!」

2019年4月4日(木)
ギターパンダ
開場 19:00 開演 20:00
料金 前売り2000円 / 当日2300円(+1drinkオーダー)
★店主、従業員共に敬愛するロックンロールするジャイアントパンダ!中身の人、山川のりを。 元Deep&Bites、忌野清志郎&ニーサンズ。ソウフルで時にクダラナく、そして感じるココロの開放感。グッとくるロックンロールショウ!是非御堪能下さい。 キヨシローの遺伝子を最も強く感じさせるソウルマンのひとりでもあります。熱烈推薦。ロックミュージックが好きなら観るべき!

2019年4月25日(木)
中川五郎 / 高山JACK健二郎
開場19:00 開演20:00 料金 2000円(+1drinkオーダー)
★60年代から活躍するシンガーソングライター中川五郎。68年発表の「受験生のブルース」や「主婦のブルース」は今も鮮烈に受け止められている。70年代以降は音楽ライター、歌詞対訳や小説(チャールズ・ブコウスキーなど)の翻訳、小説の執筆、と多方面で活躍。近年は再びミュージシャンとしての活動が主となり、激しくプロテストでソウルフルな全国ライヴ活動を精力的に行っています。 共演はバイユーのチャリティオープンマイクのリーダーとして、単独の出演者として大活躍中の高山JACK(元古道具)が務めます。 最近の五郎さんはますます強力です。負けるなジャック?!

2019年5月3日(金・祝)
吾妻光良トリオ+1
(吾妻光良&牧裕&岡地曙裕&+早崎詩生)
開場19:00 開演20:00 料金 2500円(+1drinkオーダー)
★謎の10連休真っ只中にバイユーの看板アクトが登場! 「ええ? バイユーでトリオ+1?初めてじゃない? ピアノの人どうするの?よくぞ聞いてくれました、最近、ピアニカに目覚めた早崎さん、ついに電化の道に突き進みまして、この日は最新鋭のキーボードを引っさげて登場とか。三鷹にプログレ旋風が吹き荒れる一夜となるか?(保証はできませんが)」との吾妻さんのコメントにあるように極めてレアな編成でのライブです(ドラム抜きのピアノトリオ編成は過去に有り)。ご予約はお早めに!

〒180−0006 東京都武蔵野市中町1-17-2 アビエス1F  TEL 0422-55-5782
Copyright © 2006 Bayou Gate All rights reserved.